This site is best viewed in Google Chrome on desktop.
KYOGOKU Tomohiko

He is a dancer/choreographer based in Japan. He graduated from Kyoto University of Art and Design in 2006. His first solo piece “Blunt Thrust” was created as his graduation work and won the Principal award. He started a career from Butoh dance and acquired wide experience from various dances. After graduation, he appeared as a dancer in the works of various choreographers, such as Setuko Yamada (JP), Jodi Melnick (US), Jung Young Doo (KR), and Billy Cowie (UK), Kumotaro Mukai (JP), Hiroaki Umeda (JP) among others.

In 2012, he founded the ”Tomohiko Kyogoku dance project”. He has presented his own works not only at theaters, but also at dance clubs, concert halls and outdoor spaces. He took over the role of the art director at “KYOTO DANCE CREATION” in 2012. In the same year, he was invited to an international dance meeting between China and Japan held in Beijing and presented a work through a workshop with local dancers.

He was invited to Vienna international dance festival; fifoo program, as a resident artist, and recreated his past work with local dancers during a two month stay, supported by the Agency for Cultural Affairs of the Japanese government.

His main choreographic solo work “kairou” was performed in four country eleven city by now. In 2016, he performed it in Mexico city’s first international contemporary dance festival 2016, supported by the Japan Foundation.

In 2017, he was invited to the exchange program of Kyoto Art Center and Seoul Dance Center and stayed at Seoul Dance Center for a month and a half, and created works with local artists. In 2018, he was elected as a director of Asia Performing Arts Forum 2018 International Creation Workshop in Tokyo Art Festival 2018, and he made a work with dancers and actors from four Asian countries.

京極朋彦 (ダンサー・振付家)

2007 年 京都造形芸術大学、映像・舞台芸術学科、舞台芸術コース卒業。 卒業制作のソロダン スが学科最優秀賞、および学長賞を受賞。卒業後、国内外の振付家の作品にダンサーとして出 演。

2009 年 振付を開始。自身が振付、出演するソロダンス『カイロー』は 2010 年初演から 4 か 国 11 都市で上演された。

2012 年「京極朋彦ダンス企画」を設立と同時に京都の若手作家の作品発表と交流の場として KYOTO DANCE CREATION を立ち上げる。

同年、日中国際ダンス会議 in 北京に招聘され現地ダンサーとワークショップで製作した小作品 を発表。

2015 年 平成 27 年度 文化庁新進芸術家海外派遣事業 研修員としてウィーンにて研修。 同年ウィーンのダンスフェスティバル fifoo program のレジデンスアーティストとして招聘。現 地ダンサーと共に作品を発表。

2016 年 日本人で唯一 Mexico City First International Contemporary Dance Festival 2016 に招 聘。

同年、急な坂スタジオ小さなスカラシップ『20°の坂#1』に選出され習作を発表。

2017 年 京都芸術センター×Seoul dance center エクスチェンジプログラムに選出され韓国、ソ ウルダンスセンターに 2 か月滞在。現地ダンサーと共に作品を製作、発表した。

2018 年 東京芸術祭 2018 アジアパフォーミングアーツフォーラム(APAF2018) 国際共同ワーク ショップ演出家に選出されアジア 4 か国のダンサー、俳優と共に作品を創作、東京芸術劇場に て発表。

その他、YOKOHAMA ART PLATFORM のコーディネートによる小中学校でのダンスワーク ショップや、京都市東山青少年活動センター 主催の“演劇ビギナーズユニット”での講師や、城 西国際大学、看護福祉学科での授業を務めるなど、ワークショップ講師としても精力的 に活動 している。2017 年兵庫県の過疎地域に移住し、地域と芸術を繋ぐ活動を展開している。

http://kyo59solo.blogspot.jp/

TEXT ARCHIVE

International Collaboration to Create Multifaceted Crystals