This site is best viewed in Google Chrome on desktop.
HIRATA Oriza

An internationally acclaimed playwright and director, HIRATA Oriza is among the most distinguished in the contemporary theater scene in Japan. While in college, he founded Seinendan Theater Company to pursue and practice his “contemporary colloquial theater theory” that brought debates about theatrical realism and the representation of everyday life in Japan into focus. This new and practical method has had a constant impact on the theater world since the 1990s. He is recognized for groundbreaking collaborations with artists in France, Korea, China, Germany, Thailand, resulting in acclaimed productions of Songs of Farewell, Across the River in May, Lost Village, Three Sisters (Android version), Stilles Meer, Tokyo Notes, among others. He is also active in education and teaching at many universities, developing comprehensive theater education programs.

平田オリザ

劇作家・演出家・青年団主宰。江原河畔劇場 芸術総監督。
城崎国際アートセンター芸術監督。こまばアゴラ劇場芸術総監督。
兵庫県豊岡市に2021年開学予定の国際観光芸術専門職大学(仮称・構想中)学長候補者。
1962年東京生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。

1995年『東京ノート』で第39回岸田國士戯曲賞受賞。1998年『月の岬』で第5回読売演劇大賞優秀演出家賞、最優秀作品賞受賞。2002年『上野動物園再々々襲撃』(脚本・構成・演出)で第9回読売演劇大賞優秀作品賞受賞。2002年『芸術立国論』(集英社新書)で、AICT評論家賞受賞。2003年『その河をこえて、五月』(2002年日韓国民交流記念事業)で、第2回朝日舞台芸術賞グランプリ受賞。2006年モンブラン国際文化賞受賞。2011年フランス文化通信省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。2019年『日本文学盛衰史』で第22回鶴屋南北戯曲賞受賞。

四国学院大学社会学部教授、大阪大学COデザインセンター特任教授、東京藝術大学COI研究推進機構特任教授、京都文教大学客員教授、(公財)舞台芸術財団演劇人会議理事、日本演劇学会理事、(財)地域創造理事、豊岡市文化政策担当参与、宝塚市政策アドバイザー。(青年団公式ウェブサイトより http://www.seinendan.org/hirata-oriza)

TEXT ARCHIVE

MANILA NOTES: Q & A with Oriza Hirata